袖をまくる夏: サマーシャツ特集

こんにちは、木村です。

すっかり夏ですね。
こう暑いと半袖シャツをきている方も多いかと思いますが、
なぜか苦手に思う方もいるのでは。

そこで、今回は「様になるシャツのまくり方:サマー編」としまして、
袖のまくり方のあれこれ、そして袖をまくりたくなる(?)長袖シャツを特集します。

 

先日のブログで紹介したMUYAのシャツ: MUYA 80/2 タイプライターシャツ には3つ、袖口にボタンが付いています。 そこからふと、どういう意味があるのかと疑問に思いました。
どうやら、袖口のボタンの数は、上衣の前ボタンとは逆に、数が多い方がドレッシーで数が少なくなるに従ってカジュアルだとされているようです。 なるほど、袖口にシャツの性格・デザイナーの想いが現れているようです。

では、僕らがシャツを実際に着る時に、どれだけの想いを持っているのでしょうか。 それを今回は(暑い時期ですし)ドレッシーに見える袖のまくり方を提案したいと思います。

 

この動画を参考にしつつ、今まで恥ずかしながら知らなかった袖のまくり方を紹介します!

1.  袖をカフス部分の倍ほどめくる。
2 . その先をガーッとまくる
3.  袖の最終地点から折り返す
4.  完成!

気持ちかもしれませんが、どこか上品な気がするのは僕だけでしょうか。また試した結果、袖の滑りがよくなった気もしています。
簡単なので、皆様ももしよろしければ試してみてください。

 


 

シンプルながら長く着れるおすすめシャツ

もちろん全て、袖まくり推奨シャツです😀